NEWSリリース

新聞掲載紹介

日高新報(2017年2月5日)
安全、安心、快適に!
中紀バスが中型と大型の新車導入
日高新報(2017年2月5日)

由良町里、中紀バス(株)(高垣太郎社長)は、高級仕様の中型観光バスとハイグレートのスタンダード大型観光バスの新車を1台ずつ導入した。

中型観光バス(三菱ふそうトラック・バス(株))は、平成23年4月に導入した「ウィリアム王子」に続く2台目の中型バスで、車名は「プリンセスシャーロット」。安全性と快適性を誇る特別仕様の27人乗り。運転注意力モニター、車間距離警報装置、AMB(衝突被害軽減ブレーキ)などの装備を備え、正面、サイド、バックなど計5台のカメラも搭載。車内にはサロンスペースが設けられ、テレビ2台と1万曲の通信カラオケがある。また、コンセントとUSBポートがそれぞれ6カ所に設げられている。LEDライトの装飾やシートデザインなどもゴージャスなムードを演出。初運行は、7日の地元視察団の広島行きとなる。

大型観光バス(日野自動車(株))は、最先端の装備が整った60人乗り。衝突軽減ブレーキシステム・PCS、車線逸脱警報装置、ドライバーモニターを搭載。車体前方や後方、車内用のカメラを5カ所に設置し、運転状況の記録やドライバーの運転姿勢のチェックも行う。

高垣社長は「最新型の安全・安心・快適なスタンダードバスをさらに充実いたしました。春の行楽シーズンに向けてどうぞご予約お願いいたします」とPRしている。

このページの先頭にもどる

お問い合せ窓口