NEWSリリース

新聞掲載紹介

日高新報(2014年1月29日)
「安心・安全」の新車導入
中紀バス80周年記念3台目
日高新報(2014年1月29日)

由良町里、中紀バス(株)(高垣太郎社長)は27日、創業80周年記念事業として3台目となる大型観光バスの新車1台を導入した。

日野自動車(株)製。記念事業で先行導入した2台と同様に「衝突被害軽減ブレーキシステム」を備え、走行中、レーダーが常に前方を検知、分析し、万一追突の恐れがある場合には警報やブレーキが作動する。追突の可能性が高くなるとより強力なブレーキがかかる。さらに車体前部の中央、左右上部にカメラを1台ずつ設置。それぞれのカメラは130度の範囲を撮影可能で、計3台でほぼ死角をなくすことができる。走行中に録画することで運転手の安全意識高揚に一役買うほか、万一の事故対応にも活用。ステアリングの操作量を基に注意を促す「ふらつき警報」搭載、燃費性能もアップと安全、安心、エコの新車両となっている。

新車は、高垣宏会長が「ネルソン・マンデラ号」と命名。「たいへん尊敬している人物」として、南アフリカ共和国元大統領で反アパルトヘイト(人種隔離政策)の闘士として知られる偉人の名前を用い、マリンブルーの車体の左右にローマ字で記している。

同社では70周年の際には「福祉」をテーマに記念事業を行い、車椅子に乗ったまま乗車できるリフト付き観光バスを導入。80周年事業では「安心、安全」をポリシーに、各種取り組みを進めているという。

このページの先頭にもどる

お問い合せ窓口