NEWSリリース

新聞掲載紹介

日高新報(2012年1月13日)
中紀バス【由良町】が県内第一号
バス事業者安全性評価で認定
日高新報(2012年1月13日)

本年度から導入された国土交通省と公益社団法人日本バス協会の「貸切バス事業者安全性評価認定制度」で、由良町里、中紀バス(株)(高垣太郎社長)がこのほど、海南市のバス会社とそろって県内第一号の認定を受けた。

同制度は近年、バス会社での価格競争が激化して乗客の安全性が損なわれる恐れがある中、利用者や旅行企画会社等が一層安全性の高い事業者を選ぶ際の指標にしてもらおうと導入。運行記録計やセーフティーカメラの設置など車内の安全設備投資▽適切な運行管理▽乗務員研修、班長ミーティングの実施▽道路危険個所の情報共有―などの基準をもとに審査をパスした事業所が認定される仕組み。全国でバス会社が3000社あるうち、認定を受けているのはまだ1割にも満たない224社だけとなっている。

中紀バスには認定証のほか、利用者向けの目印となるバス用ステッカーが贈られ、所有する観光バス24台の乗降口に張り付けた。認定の有効期限は、平成25年12月31日までの2年間。引き続き認定を受けるためには再び申請を出して審査を受ける必要がある。高垣社長は「これまで以上に安全性を高め、お客さまに快適な旅をお届けします。有効期限がきても再び認定してもらえるよう常に一定の安全性レベルを保っていきます」と話している。

このページの先頭にもどる

お問い合せ窓口