ホームヘルパー2級とは

ケアドライバーになるための条件のひとつが、「ホームヘルパー2級」という資格を持っていることです。

この資格は、介護についての正確な知識と確かな技術を持っている人が取ることができる、いわゆる介護のプロであることを証明するものです。

ホームヘルパー2級を取得するには、約130時間の講習を受講し、福祉サービスの基本の理解、業務の内容やサービス利用者に関する必要な知識を学び、具体的な実践技術を会得します。

起床、食事、入浴、その他必要な介助は現役のホームへルパーの同行などの実習を通じて修得します。

また、介護知識においても、介助概論から介助される側の心理まで、徹底した教育がなされます。

これらの教育を受け、介護について十分な知識と技術を修得したと判断された人だけが「ホームヘルパー2級」の資格を得て、ケアドライバーになることができるのです。

お問い合せ窓口